転職活動時における面接試験の辞退について

複数の企業への応募をしていると、日程が重複してしまうことは、転職活動中では珍しいことではありません。時には、既に採用が決まったことで、やりかけの採用試験では次の段階に進む必要がなくなってしまうこともあります。一度は応募をして、採用試験を受けていた企業でも、別な企業への採用が決まった後は、面接辞退もありでしょう。面接試験の日時が決まっている企業に対して、どのようにして断れば良いのか、気をつけるべきマナーもあります。面接辞退ということが起きたら、状況が判明し次第、急ぎで連絡をするといいでしょう。面接をする当日にドタキャンするような形で連絡をするのは非常に失礼に当たりますので避けなければなりません。一切連絡なしで、面接の会場にも行かなかったというパターンもありますが、相手のことを考えればするべきではありません。相手の手を必要以上にわずらわせないためにも、連絡は早ければ早いほうがいいでしょう。断りの連絡を入れる時は、電話でなくても、メールを出せばいいとは言われています。しっかり連絡をしたいという場合は、メールの後に電話をしたほうが好ましく、相手会社の気分もいいと考えられます。特に同じ業界での転職をする場合は、丁寧に対応しておく事で自分自身の評価を得る事にも繋がるので、出来る限りフォローしておく事が望ましいです。辞退の連絡を入れた時に、事情を尋ねられることがありますが、後ろ暗い理由ではないので正直に話しましょう。無理して取り繕う必要は無く、素直に返答しても問題はないので、そのままの理由を伝えるようにしましょう。

ナース人材バンクの求人

user086 / 1月 29, 2017 / その他